FC2ブログ

2022.02/22(Tue)

青い鳥劇団―公演ご案内―

青い鳥劇団に興味を持って頂きありがとうございますm(_ _)m
青い鳥劇団はノベルゲームや小説など物語創作サークルです。
当ブログでは制作ごとや日々の雑記が公開されています。

中編ビジュアルノベルゲーム
忘れ傘の矜持

17人のノベルゲーム作家の合作作品
ショート・ショート・ショート100

うんこちゃん、加藤純一を題材にしたクイズアプリ
クイズ$カトオネア

短編ホラーノベル
巨大靴下の女の子と真夏の雪遊び

RPGゲーム、ローグライク風WWA系
不思議ダンジョンの魔毒使い(ニコニコRPGアツマールフリーゲーム夢現Freem!)

Twitterもやってます。
https://twitter.com/su_aoitori

諸々、よろしくお願い致します!
22:22  |  未分類  |  TB(2)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2021.02/10(Wed)

「忘れ傘の矜持」スタッフロール

こんにちは、青い鳥劇団の原すばるです。
ビジュアルノベルゲーム、「忘れ傘の矜持」
こちらのエンドロールで流れるクレジットを公開致します。

当ゲームの制作に、多くの素材を拝借しました。
各制作者様に多大な感謝を込めて。

・ペチュ/ニュン立ち絵
れふぃあ 様(@Refia0122)

・シルエット立ち絵
シルエットAC 様

・背景写真一部
あやえも研究所 様
写真AC 様

・ウィンドウ素材
空想曲線 様
びたちー素材館 様

・音楽
ISAo 様
Keyta 様
lei 様
PeriTune 様
えすにっく・かわひろ 様
かずち 様
しんさんわーくす 様
まんぼう二等兵 様
ゆうきわたる 様
カワサキヤスヒロ 様
伊藤ケイスケ 様
荒井智典 様
作田京輔 様

・効果音
On-Jin ~音人~ 様
くらげ工匠 様
効果音ラボ 様
小森 平 様

・大文字のフォント
ピグモ00

・シナリオ/演出/スクリプト/背景撮影/素材加工
原すばる(@su_aoitori)

14:40  |  スタッフロール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021.01/11(Mon)

第二回加藤純一アプリ王選手権の振り返り

こんにちは、原すばるです。

第二回アプリ王から一週間が経ちました。
クイズ$カトーシアは埋もれてしまった感がありましたが、
自分の技術力や発想では作れないアプリの目白押しで、
とても見応えがありました。

特にノベル系を中心に見ていたのですが、
短い時間で、文章を読ませて楽しませる
というのは、なかなかハードルが高いです。
そんな中で、シナリオが光っていた
幾つかのアプリの感想を書きます。
順番は当日のプレイ順です。

『30 days left…』
オープニングの掴みから
うんこちゃんの話題を扱ったパロディネタに
こんなこともあったなと振り返ることもできて
ゲームの世界観にすぐ引き込まれました。
他のモブ登場人物やシナリオと
謹慎期間のあるあるネタの織り交ぜが妙技でした。

『加藤純一シミュレーター2』
前作もDLしてプレイしていましたが、
今作は加藤純一関連の登場人物との
小気味の良いやり取りが増し、
ストーリー性も上がっています。
発生する事件を解決するという目標が明確で
ゲーム性にもメリハリが付いて
作業感が無くなりました。

『純とあなた』
最初はよくある夢系、なりきり系
かと思いきや、配信のモチベーションを無くした
うんこちゃんを励ますために、地元の館山に行くという
このストーリーが真っすぐで惹かれます。
しかも、ゲームで使う写真を
館山のうんこちゃん名残りの場所に
わざわざ赴いて撮影しています。
ノベルゲームは、見た目の動きや
分かりやすさで勝負できない分、
最大の武器は愛なのだと、
思い出させてくれる作品でした。
個人的に優勝作品です。

『加藤純一、突然三人の美少女に召喚されて全員から求婚される!〜断ろうとしても手遅れです! もう絶対逃しませんからね〜』
主人公の加藤純一が、異世界で召喚されて、
モテモテになっていて、マインスイーパーをする。
展開やセリフ回しが定番のこてこてで、
良い感じに突き抜けていて、たくさん笑いました。

『Utuber探偵加藤純一 ー赤い殺意ー』
ミステリー系ノベルゲームです。
細部に渡る硬派な描写は状況が分かりやすく、
配信者をネタにした事件を、
加藤純一を通して紐解いていく。
腰を据えてプレイすれば面白そうですが、
時間制約のあるこの企画では、
肝である謎解き部分にたどり着けず、
どうしても相性が悪いように感じました。

採点の際に、読み物系はプロと比較してしまう
と仰っていたのが印象的でした。
何故、他のジャンルはそうならないかというと、
アクションゲーム等は
見た目でうんこちゃん要素がパッと分かるからです。
例えば、全く知らないおっさんの横スクロールアクション
とかだったら、それこそマリオと比較されたでしょう。

基本的にノベルゲームは、
一度ツボにハマれば、物語の世界に没入できて
どこまでも面白くなれる潜在的な力はあるのですが、
その面白い場所までが遠く、
短時間では物語のテーマも分からないまま
うんこちゃん要素が薄い、ハマれずつまらない
で終わってしまいます。

なので、アプリ王ではノベル一本勝負は難易度が高く、
メインのゲームのサブとして添えるぐらいが
丁度良いのかなと、思ったりもしますし、
逆に大部分がノベル実況だったのに、
高得点を叩き出しているアプリは
化け物だと思いました。

そんな中で、クイズ$カトーシアはどうだったかは、
長くなってしまったので、またいつか書きます。
本配信では、折り返し地点までプレイして頂けたので、
最後まで遊んで欲しいなあ、と強く願いながらも
他の保留アプリの実況を
いち視聴者として見たい気持ちもあります。
うんこちゃんの気が向いてくれたらいいなあ。


12:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.04/03(Fri)

ショート・ショート・ショート100の感想

こんにちは、青い鳥劇団の原すばるです。
先週、総勢17人、約二年の月日を経て作られたノベルゲーム
ショート・ショート・ショート100が公開されました!

短編のノベルゲームを100本+おまけを収録した合作作品で
私も6本書き上げました。
「聖キャラ学園シリーズ3本」「宝箱が住む毒沼」
「黄緑色の月」「隣の芝生は青くあれ!」

あとがきは、本作品の中で書かせて貰っているので、
一人のノベルゲームファンとして感想を書こうと思います。

まず、参加しているメンバーが豪華ですよね。
私が創作の世界に進むきっかけとなったのはノベルゲームでしたが、
当時(2005年前後)、貪るように片っ端からプレイしていて、
その時に触れた作品の作者様も参加しておられて、
そうかと思いきや、最近積極的に活動されている方もいて。

こりゃ一気にプレイするしかねぇ! と思い、
ほとんど作品の出揃っていた年末年始の時間が出来た時に、
誤字脱字チェックという大義名分のもと、
一通りプレイして感想を各作者様に送りつけてしまいました。
私自身、どんな感想でも貰ったら嬉しいし、他の人も同じだろう!
という安直な考えの元での行動でしたが、
感想を送る前提でノベルゲームをプレイすると、
雑にプレイできないというプレッシャーがかかって、
その分だけ作品世界にのめり込めて、とても楽しめました。
また、感想を文字でアウトプットすることで
何が作品を面白くさせているのかという理解も進みました。

で、どの作品も楽しませて頂いたのですが、
自分の中で特に心に残った作品を10本選びました。
どの作者様が書いたかという先入観が邪魔しないよう、
作者名を見ずに選定したので、偏りがあります。
若干のネタバレを含みますので、未プレイの方は注意です。
作者名は敬称略です。

「とある患者の診療録」九州壇氏
入院患者に悩まされる院長あるあるを語る
鬼塚のモノローグの説得力が良くて、オチでしっかり恐怖しました。
悩みをプレイヤーに共感させるテクニック(ブラックコーヒーしかり)
が光っていて勉強になりました。

「霧山タクヒのパンクロック木魚」CIL
まさにロックとSFが入り混じった異色の作品。
学校に歯車を配置するというイメージしやすいのに
違和感バリバリある絶妙な非日常的な光景が良きで、
さらに理由付けもちゃんとしていて成仏していくオチまで
爽やかすっきり好きな作品です。

「レスキューミッション」あいはらまひろ
人を救うほど熱くなれる趣味って大事だなあと思うと共に、
舞台背景は近未来宇宙SFなのに実況ネタを忘年会でやったとか、
一緒にサッカーの試合を見に行ったとか、現代的な想像がしやすく、
親近感の湧く雰囲気作りが作品に説得力を持たせていました。

「封印されし魔法書の行方」あいはらまひろ
手元に最終目標があり、
そのために世界中を旅する構図が分かりやすくわくわくできました。
最後に再び弟子に魔法書を託しながら語るテーマ性もサンドイッチさせて、
綺麗に纏まったお話だと思いました。

「時を止めちゃった少女?」あいはらまひろ
時間の止まった図書室で、男の子と女の子が何とか元に戻せないかと悪戦苦闘。
原因が密かに想う恋心を表していて、
解除方法も心の動きと連動したこの上ないハッピーエンドで好きでした。

「あのとき助けていただいた者です」しろっく
短い枠の中で三種類もの虫を登場させ、
それぞれの虫の特性を活かした展開が大好きです。
私も虫の擬人化には何度も挑戦していますが、
ここまで綺麗に纏まっている作品は凄いの一言に尽きました。

「日常的、あまりにも日常的」神無月ミズハ
友達以上恋人未満、という言葉は二人が恋愛関係になる前の表現だと思うのだけど、
このお話の二人は"恋愛関係になった先での"友達以上恋人未満、
そんな表現をしたくなるお話でした。
自分では描けない雰囲気で、アダルトな魅力を味わえる作品でした。

「血と膏と」直弥
王権の肥大化のしっかりとした過程、暴虐っぷり、
何故権力が落ちないのかの説明が説得力のある描写で綴られており、
打ち取ったオチも爽快でした。

「最下の頂点」アクアポラリス
マジックと称して革命だあ! からのカースト最底辺を熱く主張して、
くるっと回して頂点にする一連の流れが強い生命力、
勢いを感じました。「血と膏と」もそうですが、
弱者が一矢報いる時の感情の機敏が好みです。

「アブダクション ~ ゾンビ ~」義弓くー
紹介した前二つのお話とはまた違った角度で弱者、強者を表現していて、
宇宙人、ゾンビ、そして人類とパワーバランスが変わっていく様が痛快でした。
特にゾンビをさらいつくして、宇宙人と人類共にハッピーエンドと思わせてからの、
ゾンビの怒涛の反撃が意外性抜群です。


以上、ショート100の原すばるセレクト10本でした。
改めて思うのは好みが大分変化しているなぁと。
ラブコメはほぼなくて、ファンタジーSF多めですし。
この他のお話も面白いモノばかりですので、
未プレイの方は是非、全てのお話を読んで欲しいです。

私、原すばるも頑張って作りましたので、
良かったら感想を送って下さると創作活動の励みになります。

今、新作の小説を書いている最中でして、
4月の下旬には公開できると思います。
ジャンルは、SFファンタジーちっくなミステリー系です。
公開されましたら、また触れて頂ければ幸いです。


22:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.03/10(Tue)

ネタバレ少々含みのクイズ$カトオネア制作話

こんばんは、青い鳥劇団の原すばるです。

クイズ$カトオネアのシナリオについて
話していきたいと思います。
核心部分には触れませんが、
未プレイ勢でちょっとした驚きを楽しみたい方は
ブラウザバック推奨です。


では……、Okeydokeyカトオネア! はいかがでしたか。
いきなりテイストが変わって驚かれた方も多かったと思います。
あの案は、1/29,30のドキドキ文芸部実況後
クイズの実装作業中に閃きました。

このタイミングでの久々のノベルゲーム実況、
運命的なモノを感じながら
2月のほとんどの時間をOkeydokey部分に費やしました。

うんこちゃん、加藤純一を主題としたノベルゲーム。
類似でアイドルの夢小説を想起させますが、
一般的なモノとは、またちょっと違った趣です。

プレイヤーは漏れなくカトオネアを制覇しているので、
内輪向けネタが通用し、
シナリオをディープでマニアックな所へ引き込んだところは
書いていて快感でした。

シオリ、アキヅキ、マイ、と
彼女たちに共感できるところはあったかと思います。

ラストの畳みかけは、
翼が生えたみたく、タイプが止まりませんでした。

完全制覇で全体通しての間違い回数が表示されますが、
Okeydokey内のクイズで間違えてもカウントされています。
片手で数えられるぐらいの回数ならプロですが、
ここまでプレイして下さった全ての人に感謝です!

終わりに、アプリ王や一回目のカトオネア配信で
身に余り溢れるほどに、たくさん褒めて下さいました。
そしてアプリ版に多くの期待を寄せて下さいました。

プレッシャーが無かったわけではありませんが、
それ以上に創作物を待ってくれる人の存在が
これほどまでに自分の力になるなんて、
思ってもいませんでした。

クイズ$カトオネアに悔いはありません。
やり遂げました。

長かった良い夢も、そろそろ覚める頃です。
皆さんから頂いた言葉は忘れず、
勇気と自信に変えて、
今から泣ける物語の制作に入ります。

絶対に泣かしてやります!

公開できるタイミングはかなり後になると思いますが、
草葉の影からでも応援して頂けると、力になります。

今後とも原すばるをよろしくお願いします。
皆さんの生活に少しでも幸せを。

21:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT